プラセンタ比較ランキング

核酸と酵素の働き

核酸は、人の体の中のすべての細胞の中にあります。
細胞分裂を指示する役割があります。
 不足すると、からだの中のすべての新陳代謝に影響がでます。
年齢とともに減っていきますが、食事で栄養が取り入れられると、からだの中で再合成されます。
人のからだは60兆個もの細胞が集まってできています。
DNAの設計図に基づいてRNAがタンパク質をつくるアミノ酸を生成しています。
核酸が体の中にあるすべての細胞も分裂を指令しています。
核酸には、デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA)2種類があります。
核酸は細胞の新陳代謝に関係しています。
例を挙げるとすれば、たとえば、古い細胞が新しく生まれ変わることで、健康や美しさが保たれています。
そして、命が維持されています。
新陳代謝が衰えるということは、老化するということです。
若さをいつまでも保とうと思うのなら、核酸を不足させないことです。
核酸を構成しているのが、アデノシンです。
アデノシンは、血管を拡張させる働きがあります。
これにより血流が増えて、冷え性が改善されます。
その結果、脳血栓や動脈硬化・心筋梗塞の予防になります。
核酸には、抗酸化作用があります。
老化・白内障・ガンの予防になります。
また、しみ・しわ・たるみなど、肌の老化の原因になる要素を取り除きます。
血管拡張作用と抗酸化作用は、認知症の予防に役立ちます。
また、RNAは、脳細胞を活発にさせる働きがあります。
核酸が不足すると、急速に老化が早まります。
核酸が、不足するということは、細胞分裂の指令そのものがされなくなります。
すると正常な細胞分裂が行われなくなります。
細胞の新陳代謝が衰え、細胞自体がだんだんと衰え、さまざまな病気を引き起こすようになります。
酵素は、消化、吸収、代謝、排出など、人が、日々行っている、生活活動全般にかかわっています。
人が、毎日食べている食事は、からだの中に取り入れられると別の物質に変化します。
このときに変化させる物質が酵素です。
人のからだの中で作られる酵素もありますが、たくさん作られず、限られた数の酵素しか作られません。
もし、不足すると生命維持活動ができなくなり、酷い場合は死に至ります。
酵素を助ける役割をするのが、補酵素です。
今、人気のコエンザイムQ10は、この補酵素の役割をします。
たとえ、食事で補酵素を取り入れたとしても、からだの中に酵素がないと補酵素は働きません。
酵素にも種類があります。
代謝酵素と消化酵素です。
代謝酵素は、細胞を作るときに必要な酵素です。
消化酵素は、食べ物を消化するときに必要な酵素です。
食事から取り入れる酵素もあります。
食物酵素は、毎日の食事から取り入れられる酵素です。

Copyright (C) Placenta comparison ranking, All Rights Reserved.