プラセンタ比較ランキング

医療現場でのプラセンタ

プラセンタは、厚生労働省の認可がおりているので、プラセンタ療法というのがあり、病院で、希望して申し出れば、各診療科でプラセンタ療法を受けることができます。
しかしながら、人の胎盤エキスの注射剤を利用した人が献血するのは禁止しています。
プラセンタ療法は、体内に、注射を用いて直接注入するものなので、療法を受けることについては、良く知っている経験豊かな医師から、詳しい説明を受けてから、プラセンタ療法を受けるようにしましょう。
肝機能障害、乳汁分泌不全、更年期障害などは、保険適応のなる場合がありますが、それ以外は、すべて保険適応外です。


皮膚科
 アトピー性皮膚炎・発毛促進・じんましん・湿疹・そばかす・にきび

内科
 高血圧・低血圧・肝炎・肝硬変・頭痛・胃潰瘍・慢性病・パーキンソン病

外科・整形外科
 リュウマチ・鞭打ち・五十肩・肩こり・外傷

婦人科
 更年期障害・月経困難症・腰痛・整理通・乳汁分泌不全

泌尿器科
 前立腺肥大・膀胱炎・夜尿症

歯科口腔科
歯槽膿漏・・歯周病・味覚低下・口内炎

眼科
眼精疲労・視力低下・白内障・アレルギー性結膜炎・角膜炎

耳鼻科
 アレルギー性鼻炎・メニエール尿・花粉症・耳鳴り・難聴

精神神経科
うつ病・不眠症・てんかん・自律神経失調症・不眠症・てんかん・パニック症候群

その他
冷え性・虚弱体質・病中、病後の体力回復・風邪予防・息切れ・不眠・めまい・不眠・便秘


ごく一部だけ記載しましたが、療法が適応される病気には、ほかにもたくさんあります。
たくさんの診療科で、プラセンタ療法が実践され、多くの病気の症状改善に役立っています。
それは、プラセンタがあるひとつの病気の症状を良くするためだけにつくられたものではないということがわかります。
プラセンタは、胎盤からの抽出物です。
胎盤は、たくさんの優れた栄養素を含んでいます。
しかも、プラセンタの一番大きな利点は、働きかけすぎないという点です。
たとえば、血圧の薬を考えますと、血圧を下げる薬を過剰に服用すると下がりすぎてしまいます。
逆に、血圧を上げる薬を服用した場合、過剰に服用すると、血圧が、高くなりすぎてしまいます。
プラセンタでは、そういったことがなく、飲みすぎた場合でも、正常値の血圧が保たれます。
プラセンタは、体を正常に保つという働きをします。
人の体や精神を正常な状態にするという働きがあります。
プラセンタは、人の体に、悪影響がある副作用もなく、安心して利用することができるものです。
プラセンタは、一般的な化学合成されてつくられた薬とは、全く違った、ひじょうに安全性の高いものです。
胎盤からの抽出物で、もともと人の体の中にあった栄養素が成分なので、副作用というもの自体、存在しません。
ほかの薬といっしょに飲んでも、全く問題ありまいせん。

Copyright (C) Placenta comparison ranking, All Rights Reserved.