プラセンタ比較ランキング

プラセンタに含まれている5大栄養素

プラセンタには、美容と健康に効果的な有効成分が豊富に含まれています。
3大栄養素であるタンパク質・脂質・糖質、そしてビタミン・ミネラルで5大栄養素になります。
5大栄養素に加え、プラセンタの成長因子が含まれています。
その上、核酸・酵素・ムコ多糖体・活性ペプチド・アミノ酸も含まれています。
3大栄養素のタンパク質・脂質・糖質は、人が日々活動していくのに必要なエネルギーになります。
また、人の体をつくります。
人の細胞は、日々つくり変えられています。
細胞一つ一つの栄養分になっています。
人が毎日、スムーズに活動していけるように体の調子を整えるという役割もあります。
私たちの体はほとんど水でできています。
60%以上も水分です。
その水分を除いた約半分がタンパク質でできています。
人の体がつくられる上で、とても大切な栄養素となります。
食事などで、タンパク質が、からだの中に入ると、酵素によって、20種類のアミノ酸に分解されます。
血液によって体の各部分に運ばれ、再び結合します。
体の各部分にあるコラーゲンも3種類のアミノ酸が結合したものです。
つまり、タンパク質の一種です。


脂質は、細胞を囲っている細胞膜や神経組織、核酸などをつくる重要な栄養素となります。
とても効率の良いエネルギ−源として、体内の各部分で利用されます。
脂質が不足すると、体に走っている無数の血管や細胞膜が弱くもろくなります。
脳機能も弱まり、脳出血を起こす可能性が高くなります。
その結果、疲れやすくなり、体力が低下します。
脂質の中にはいっている必須脂肪酸は、からだの中のここの細胞の細胞膜の成分やホルモンの成分にもなってます。
ここでできるホルモンは、からだの中では、つくられないので、食事等から十分に取る必要があります。
もし、不足すると発育不全、皮膚炎が起こります。


糖質は、脳にとってただひとつのエネルギー源になります。
不足すると脳にエネルギーがいきわたらなくなり、集中力はなくなり、さまざまな脳疾患の原因になります。
また、糖質が不足することにより、アミノ酸とブドウ糖につくりかえられます。
ですから、大切なアミノ酸をかなり消費することになります。
その結果、からだの不調や肌荒れの原因になります。


ビタミンは、からだの調子を整えるために、からだの中でのさまざまな化学反応の働きを助けます。
体の中では作られないので、常に食事から補う必要があります。
食事からだと野菜や果物を多めに取ることが大切です。
水溶性ビタミンと脂質性のビタミンがあります。


ミネラルも体内で作られないので、外から補う必要があります。
主要ミネラルは、マグネシウム・・カルシウム・カリウム・リンなど。
微量ミネラルは、鉄・銅・亜鉛など。
ミネラルはビタミンと同じで体を作る大切な要素で、からだの中に機能を整えるという役割があります。


Copyright (C) Placenta comparison ranking, All Rights Reserved.